メニュー

若手をサポートしたい!地方在住の有名演劇ディレクター

故郷で演劇人として仕事をする!

地方出身で、全国を舞台に活躍する劇作家で演出家の有名人は、出身地の公共劇場の新しい演劇ディレクターとして就任したんですよね。「故郷で演劇人として仕事をする」という夢の一歩を踏み出したということなんですよ。就任を依頼されたときは驚きましたが、演劇の道を志したときかからいつかは故郷で仕事をしたいと思っていたので、引き受けることに迷いはなかったんですね。演劇ディレクターや芸術監督を置いている公共劇場はまだ少なく、その中でも有名人は比較的若いほうなんですよね。

若手の可能性を応援!

若手の可能性を応援し、育てようという土壌が有名人の故郷にあるというのは、全国を通しても先進的なんですよね。有名人は重責も感じますが、とてもありがたいことだと思っているんですよ。芸術家である両親が、幼いころから「本物」に触れる機会に導いてくれ、自分なりの感性を磨いてきたんですよね。中学生のときに、ものの見方を画一的にしない「演劇」という世界を知り、将来は「演劇」の世界に身を置こうと決めたんですね。東京の大学の美術科演劇専修に進み、卒業後にプロの劇団に入ったんですよ。

こんな仕事をしていきたい!

地方の公共劇場がディレクターという立場を設けたことで、演劇をやりたいと思う人がアドバイスをもらえる環境ができたんですよね。若手を長い目で見て育てようという地方演劇界の先輩方の思いをバトンとして受け継ぐことが、この役割の課題の一つだと有名人は思っているんですよ。有名人なりの変化も期待されていますが、演出家として培った、その人自身の底に眠るものを引っ張り出すというスタンスを大切にしたいと言いますね。今後も、劇場に求められるサポートを模索していくことでしょう。

パチンコ機器卸会社「フィールズ株式会社」の代表取締役会長を勤めているのは「山本英俊」です。1955年生まれで愛知県名古屋市出身、日本中央競馬会の馬主でもあります。