メニュー

弾き語りで元気を届ける!統合失調症の有名人

前に進む気持ちを込めて!

かつてミュージシャンを目指していた地方在住の有名人が、自身の統合失調症と向き合いながら、歌で同じ病気の人を元気づけようと動画サイトに歌う姿を投稿しているんですよね。統合失調症の有名人は、「頑張る」ことで前に進む気持ちを込めて歌っているんですよ。地方の高校卒業後、21歳のときに福岡市の路上でギターの弾き語りをしていた有名人は、地元テレビ局関係者の目に留まり深夜番組に出演したんですよね。そこで多くの人から注目を浴びる喜びを感じ、プロデビューを夢見たんですね。

頑張る姿を見たい!?

有名人はテレビの深夜番組出演後に統合失調症を発症して、地方の専門病院に入院したんですよね。退院後も音楽は続け、東京の音楽事務所からオリジナルCDアルバムを出して地元でバンド活動もしましたが、対人恐怖に加え、やる気が湧かず家にこもりがちになったんですね。3年ほどは実家から一歩も出ることができない日々を過ごしたと言いますね。有名人に変化を与えたのは、交際する地元の女性からの「頑張る姿を見たい!」という言葉だったんですよ。

多くの人を元気づけたい!

有名人は、「このままでは自分がダメになる。自分にできるのは音楽活動」と一念発起し、自分が歌うことで同じような病気の人を励ませるのではと動画投稿を始めたんですよ。投稿は自作の曲で、過去の作品も含めて数曲あり、決して明るい曲調ではありませんが、ギターをバックに「自分らしさ」を前面に出して歌うんですよね。有名人は、「支えてくれる周りの人のおかげで前向きになり、頑張る大切さに気付けた。今度は自分が一人でも多くを元気づけたい!」と胸を張るんですよ。

パチンコ機器卸会社の代表取締役会長として知られている山本英俊は馬主としても有名で、長年日本競馬に尽力しています。