メニュー

トランクルームの主なタイプと上手な利用方法

トランクルームの基礎知識

トランクルームと言いますのは、貸倉庫と似ていて、部屋に入らない品であったり収納出来ない物などを保っておくための設備を意味します。トランクルームは一般人でも会社組織でも使い勝手のいい収納のための施設です。一般人であれば主として娯楽用の品や趣味だけしか活用しないような物を納めておく時に好都合です。さらに会社組織でもたくさんの書類とか常日頃は利用しないような事務機器を納めておくためには適した場所になります。

トランクルームを活用するケースとは

トランクルームの目的はいろいろ挙げられます。簡単に説明しますと、自宅をリフォームするとき、仮の住宅は積荷が入らないこともあります。そういった時トランクルームを利用すると、スムーズに加えてリーズナブルに荷物を預かってもらうことが可能です。転居先が確定したというときも、単発的に積荷を預かって欲しいというときも、トランクルームはわずかな期間の活用もできるようになっているため、有効に活用することができます。

トランクルームのサイズと特徴について

トランクルームにつきましては主として様々なサイズに区分けされます。0.5帖のサイズや、1帖、さらに2帖のいくぶん大きいサイズがあげられます。0.5帖のトランクルームはダンボールで30個くらい収納できます。季節の品の収納に適しています。1帖はダンボール60個相当の収納が出来、一般的な収納場所として支持されています。2帖の大き目のサイズは、主として会社組織が関係書類などを保全するためもしくはリフォームの際の短期的な保管場所という形で活用されます。

トランクルームの場合、コンテナタイプやマンションタイプなど、様々なタイプが存在しています。また、タイプごとに特徴などが異なるため、収納する荷物に合ったタイプを選択する必要があります。

ID レンタル倉庫